2011年11月22日

講堂進捗状況C 上棟式


 去る平成23年(2011年)11月11日午前11時より講堂の上棟式を行いました。上棟式は神式だけのものと思われる人もありましょうが、そんなことありません。ちゃんと仏式あります。しかもその丁重さは歴史を感じさせますね。これは地鎮祭でも同じことです。

 ということでこの日に納められた棟札はこちらです。ヒノキの一枚板にこの講堂を建てる意味や願いを墨書してあります。裏面には今回の工事に携わる全ての会社名が記されています。関係者一同でこの棟札を引き上げました。
 棟札.JPG
 
 

 上棟式に引き続いて「餅撒きの儀」です。この慶事に紅白餅や宝船などのお餅、福銭を用意し、舞台上から「おめでとう」の掛け声と共に勢いよく撒かれました。近隣のお檀家さんなどを中心に大勢お越しになり、歓声上げながらお受けになりました。
 餅撒き1.JPG
 餅撒き2.JPG

 この日は暦の上ではとてもよい日でした。但し、冷たい雨が降りました。餅撒きは講堂の中で行いましたが、講堂は天井高があるので何の不足もありません。これからも工事安全にて進んでいきますことを。

 


posted by kannon at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

2011ゲツェ・リンポチェ秋の仏縁


今年もあのゲツェ・リンポチェをお迎えすることとなりました。
「あの」と表現するところに意図するものがあります。

すでにご縁がある人はお分かりでしょう。「あの」雰囲気、「あの」深さ。
できればまだご縁なき方にぜひ出会っていただきたいものです。
徳ある人に会うことの大切さが実感できるでしょう。

今年も「法話」と「潅頂」の2本立てです。
「法話」は10/1(土)午後14〜16時
「潅頂」は10/2(日)午前10時〜16時
殊に潅頂は日本人になじみの深い「お不動さま」の潅頂になります。

 詳しくは当山HPを→http://www.k4.dion.ne.jp/~kannonji/tibet.html

posted by kannon at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

お施餓鬼や 左お数珠に 右うちわ

施餓鬼1.JPG 恒例のお施餓鬼は、去る7月27日に無事に勤めあげた。当日は、朝から夏の暑さ100%の勢いであった。






 




施餓鬼2.JPG 本堂前の「さるすべり」は、花の開花も良好だ。しばらくは花芽が少なかったりと老木の傾向を心配させていたが、植木屋さんの手当てがよく、今年は法要に花を添えた。



 




お施餓鬼や 左お数珠に 右うちわ 続きを読む
posted by kannon at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

好評でした!お絵解き!

 久しぶりのブログです。かなりサボっていました。本格的に休んでいました。このブログをちらほらとご覧になっている方がおられるんだなぁとわかっていますが、このように長期休暇をしても何のお咎めもありません。気が楽ではありますが、そうでない気もします。やはりコミュニケーションは直接会うことにはかないません。


 さていささか遡ってのご報告です。去る5月15日に行われました「お絵解き」は前評判通りの内容で、その充実ぶりは参加された方がよくお分かりでしょう。その一端を伝えます。


好評でした!お絵解き 続きを読む
posted by kannon at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

体験あれ!「お絵解き」

来る5月15日(土)行事イベントのご案内です。

必 見! 観音寺・初の催し『涅槃図お絵解き』
 絵解きとは、掲げられた仏画を前にして催す仏教の物語りです。特にお釈迦様の生涯をたどりつつ、その絵に込められている願いや思いを紐解きます。今回は、観音寺に伝わる「涅槃図」をもとにしての絵解きです。子供から大人まで誰でも楽しめ、考えることができます。ヴィジュアルにどっぷり浸かった私たちにとって、一枚の静止画から発する教えは新鮮です。各自の想像力を豊かにすることにもなりましょう。どうぞお越しあれ。

平成22年5月15日(土) 午後13時 開会〜 午後15時30 閉会予定
                     (絵解きは13時半〜15時頃まで)
場所  八幡山観音寺 本堂
絵解き 語り手 岡澤恭子先生
 ○この絵解きは、当山恒例行事「釈尊記念会」の一環として行います。
 〇当日はチベット、ビルマの高僧もご参加、短い法話もあります。
 ○定員  100名(事前申し込み不要)
 ○参加費 志納

posted by kannon at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ご報告:礼拝行と千巻行

 去る3/14には礼拝行と千巻行を実施。ほとんど宣伝告知をしていませんので、こじんまりとした行事イベントとなりました。


 私自身は数日前から極度の体調不良に陥っており、ほとんど絶食気味の体でがく〜(落胆した顔)参加しました。起居しての礼拝はせず、坐したまま礼拝をしましたが、これも60回ほどでストップ。あとはひたすら真言を唱えておりました。参加者の皆さんもそれぞれの仕方で、それぞれのペースで108遍から数百遍されておられました。


 心経はみんなで10巻唱えました。10巻といってもそこそこの時間を要します。程よい読経感があります。


 総じてただただ、もくもくと行じるのみですが、これがなかなか効果があります。私の体調はその夜からみるみると快復して、翌日昼には全快宣言わーい(嬉しい顔)となりました。以前から礼拝行による効験を味わっていますが、今回もまた「三毒」が転ぜられるという経験を少しばかり積みました。


 来年も続けますが、もう少し工夫とお知らせに努めます。ご参加の方はごくろうさまでした。


posted by kannon at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

礼拝行と千巻行

行事のご案内です。




 『礼拝行と千巻行』




日時:平成22年3月14日(日) 午後13時〜15時


場所:八幡山観音寺 本堂


参加資格:どなたも参加できます


参加費:無料です


必要なもの:動きやすい服装、タオル持参


行事の内容


 この3月は気候も穏やかになり、心身の切り替えに適した季節です。殊に3月は真言宗の開祖である弘法大師ご入定の月でもあり、お大師様のお徳を讃えて「正御影供」(しょうみえく)が各地で行なわれます。


 また3月には春のお彼岸もあります。これまでのご先祖様へ感謝をする日本の美しい風習です。


 さらにまた海外ではチベットという仏教国で、たくさんの人が故郷で亡くなり、故郷を失う悲劇が起きましたのも、この3月のことです。


 このように3月は祈りを深める大切な月であります。観音寺ではこうした祈りのために「礼拝行と千巻行」を行ないます。


 〇「礼拝行」(らいはいぎょう)ではひたすら仏様に何度も何度も礼拝をいたします。可能な方は「五体投地」という仕方で礼拝ください。また椅子に座ったままでの礼拝もできます。それぞれのスタイルで礼拝されて構いません。要は自分の全身をもって仏様に礼拝する思いです。この礼拝行は自分の知ると知らざるとになしてきた間違った行いを懺悔し、その罪を滅することができます。さらに自分以外の命あるものの罪をも懺悔して、その罪を滅することにもなります。よってその功徳はたいへんに大きいものです。この礼拝行をおよそ1時間いたします。懺悔に加えて、日頃の運動不足の解消にもつながる効用が付いてきます。


 〇「千巻行」(せんがんぎょう)は「般若心経」を参加者一斉で何遍も唱えます。千遍を参加者数で割り、その数だけ唱えることを目標とします。この千巻行には福徳を積む大きな功徳があります。総じてお腹から発声することで、心身が爽快になります。


 礼拝行も千巻行も主に身体を使った修行です。ご関心あります方は、どうぞご参加ください。ご参加の方は開始10分前までにお越しください。


 お尋ねは八幡山観音寺HPお問い合わせより願います↓


         http://www.k4.dion.ne.jp/~kannonji/inquiry.html





posted by kannon at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

初午とごちそう

 本日は初午(はつうま)であった。この日はお稲荷様が主人公のお祭りである。お稲荷様と真言宗はご縁が大変に深い。お稲荷様には総じて伏見系と豊川系が有名であるが、真言宗は伏見のお稲荷様の方である。何せ京都のシンボルでもある東寺の五重塔は創建時、伏見稲荷の山から伐り出された御神木をもって建てられた。細かな経緯などは全部略するけれど、真言宗の寺にお稲荷様が祀られているのはとっても自然なことなのである。そのお稲荷様への最大のお祭りが「初午」である。







初午とごちそう 続きを読む
posted by kannon at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

一歩づつの歳の瀬 「納めの不動」 

 毎月第4日曜日に不動堂で護摩をつとめる。通常はひっそりと朝に護摩を焚いているが、月に一度は日中にも焚く。これを「月例の護摩」と呼んでいる。信者さんたちはこの時にそれぞれ参詣して行かれる。



 今日はその月例護摩の本年最後、「納めの不動」であった。


一歩づつの歳の瀬 「納めの不動」  続きを読む
posted by kannon at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

高僧の奉迎

 あと数日後、観音寺ではチベットよりゲツェ・リンポチェをお迎えして、諸行事を執り行う。この高僧は2年ぶりのご来山となるが、観音寺ではたいへんに心待ちしていた2年間であった。ここに2年前の一端をご紹介して、その思いを伝えたい。
 以下の文章は八幡山観音寺・寺便り「自在力」(平成19年6月15日発行)からの転載である。タイトルは「善き人と出会うこと」。

 去る5月の10日間ほど、チベットより高僧キャブゼ・カトック・ゲツェ・リンポチェをお迎えし当山にご滞在いただいた。その折りの一端を記したい。
 観音寺にしばしばお越しの方はお気付きであろうが、当山はチベットとの交流を密にしている。それは偏に仏教を生き方の中心に据えているという点で、日本の仏教とチベットの仏教は全く同じことが交流の大きな理由である。加えてわが真言宗とチベット仏教は、密教という最高の仏教を共に継承しているのもとりわけ重要な理由である。
 チベット仏教の概要やリンポチェと尊称される高僧についての説明は、この紙面では語り尽くせないので省略せざるを得ない。じっくりと聞かれたい方は、一度訪ねられたい。
 
 

続きを読む
posted by kannon at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。