2010年07月16日

新盆の風光

 お盆の時期は地域で異なる。東京を中心にした首都圏では7月のお盆が一般的であるが、これも必ずしも広範囲に定着しているわけではない。観音寺がある横浜市内でも7月盆と8月盆が混在しているし、事実ここ観音寺では7月と8月に2度、お盆の行事がある。どうしてお盆の時期が一定していないのか、としばしば質問を受ける。これは明治時代の到来とともに太陰暦から太陽暦にカレンダーを国策として変えたことに起因している。確か大隈重信が決定権を持っていたのではなかったか。暦の変遷は多くの書物が出回っているので詳しいことは割愛する。要はこれまでの大切なお盆の行事をカレンダーが変わっても、どうやったら心を込めてでき得るか、そのために皆が智恵を出し合った末にお盆の時期に数説出来上がったわけである。





 


お盆の風光 続きを読む


posted by kannon at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。