2010年03月30日

司馬遼と空海


司馬遼記念館.jpg

 寺という空間で修行し、今もまたそうした環境の下で寝起きしているためか、寺院空間に対する関心が高い。その関心は寺院以外のところにも当然眼がいくので、自ずと建築や設計の分野は興味深いものがある。


 大阪に出かけることがあったので、以前から訪ねたいと思っていた「司馬遼太郎記念館」に足を運んだ。ここはちょっとした名所であることは多くの方が知っていよう。


司馬遼と空海 続きを読む


posted by kannon at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ご報告:礼拝行と千巻行

 去る3/14には礼拝行と千巻行を実施。ほとんど宣伝告知をしていませんので、こじんまりとした行事イベントとなりました。


 私自身は数日前から極度の体調不良に陥っており、ほとんど絶食気味の体でがく〜(落胆した顔)参加しました。起居しての礼拝はせず、坐したまま礼拝をしましたが、これも60回ほどでストップ。あとはひたすら真言を唱えておりました。参加者の皆さんもそれぞれの仕方で、それぞれのペースで108遍から数百遍されておられました。


 心経はみんなで10巻唱えました。10巻といってもそこそこの時間を要します。程よい読経感があります。


 総じてただただ、もくもくと行じるのみですが、これがなかなか効果があります。私の体調はその夜からみるみると快復して、翌日昼には全快宣言わーい(嬉しい顔)となりました。以前から礼拝行による効験を味わっていますが、今回もまた「三毒」が転ぜられるという経験を少しばかり積みました。


 来年も続けますが、もう少し工夫とお知らせに努めます。ご参加の方はごくろうさまでした。


posted by kannon at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

礼拝行と千巻行

行事のご案内です。




 『礼拝行と千巻行』




日時:平成22年3月14日(日) 午後13時〜15時


場所:八幡山観音寺 本堂


参加資格:どなたも参加できます


参加費:無料です


必要なもの:動きやすい服装、タオル持参


行事の内容


 この3月は気候も穏やかになり、心身の切り替えに適した季節です。殊に3月は真言宗の開祖である弘法大師ご入定の月でもあり、お大師様のお徳を讃えて「正御影供」(しょうみえく)が各地で行なわれます。


 また3月には春のお彼岸もあります。これまでのご先祖様へ感謝をする日本の美しい風習です。


 さらにまた海外ではチベットという仏教国で、たくさんの人が故郷で亡くなり、故郷を失う悲劇が起きましたのも、この3月のことです。


 このように3月は祈りを深める大切な月であります。観音寺ではこうした祈りのために「礼拝行と千巻行」を行ないます。


 〇「礼拝行」(らいはいぎょう)ではひたすら仏様に何度も何度も礼拝をいたします。可能な方は「五体投地」という仕方で礼拝ください。また椅子に座ったままでの礼拝もできます。それぞれのスタイルで礼拝されて構いません。要は自分の全身をもって仏様に礼拝する思いです。この礼拝行は自分の知ると知らざるとになしてきた間違った行いを懺悔し、その罪を滅することができます。さらに自分以外の命あるものの罪をも懺悔して、その罪を滅することにもなります。よってその功徳はたいへんに大きいものです。この礼拝行をおよそ1時間いたします。懺悔に加えて、日頃の運動不足の解消にもつながる効用が付いてきます。


 〇「千巻行」(せんがんぎょう)は「般若心経」を参加者一斉で何遍も唱えます。千遍を参加者数で割り、その数だけ唱えることを目標とします。この千巻行には福徳を積む大きな功徳があります。総じてお腹から発声することで、心身が爽快になります。


 礼拝行も千巻行も主に身体を使った修行です。ご関心あります方は、どうぞご参加ください。ご参加の方は開始10分前までにお越しください。


 お尋ねは八幡山観音寺HPお問い合わせより願います↓


         http://www.k4.dion.ne.jp/~kannonji/inquiry.html





posted by kannon at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。