2016年12月01日

矯正医療の現場

所属する会の研修で八王子医療刑務所を訪れた。DSC_0199.JPG

 これまで国内の各刑事施設に伺う機会はあるものの、矯正医療の施設は今回初めてであった。
矯正医療現場で日々尽力されている関係者の一端を拝見した。我が国が法治国家であることとその法をいかにきめ細やかに運用してゆく配慮が培われていることも伝わってきた。

 現在地に行刑施設がつくられたのが明治28年、1895のこと。すでにこの地にあること120年。それを物語るように巨木と化したサクラが何本も根付いている。と同時にこの施設の老朽化は著しい。寒々としたその空間ではあるが、何代にもわたって改修補修を繰り返しながら「できうる限りの矯正医療」を全うしてきた歴史を物語っている。矯正職員が准看護師資格を取得するための養成所を設置し、51期生になると。

 全国には医療専門施設に位置付けられる刑事施設は4か所。大阪、北九州、岡崎、そして八王子。中でもMRIを備えた施設は八王子のみで、満身創痍のような施設であるここ八王子が最も充実した医療施設である。
 休養患者と称する受刑者は身体疾患と精神疾患で大別されてそれぞれ区分された棟に収容、そのほか炊事や洗濯などの自営作業にあたる一般受刑者が別棟で処遇されている。これは医療刑務所の特徴であろう。
 病状が重篤な者、高齢化によって年間約50〜60名が死亡すると。終末期医療の課題も多いと聞いた。

 この施設も来年には昭島にできる「国際法務総合センター」の一角に移転する。120年のうちにすっかり住宅地に囲まれたこの歴史ある施設は姿を消す。こころとからだを病んだ多くの受刑者を見守ってきたサクラたちもその役目を終える日が近い。とはいえ矯正医療という分野は今後も必要不可欠である。深刻な医師不足、限られた財源、矯正事業への理解などには、まさしく智恵と慈悲をもって望みたいものである。
 意義のある研修に参加させていただいた。

 追記 八王子医療刑務所の詳細な取材を江川紹子さんがレポートしている。
     http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20160923-00062077/


posted by kannon at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

お寺のホームページ変わりました

この度、八幡山観音寺のホームページ変更になりました。
新しいアドレスは、http://www.hachimanzan.jpです。
hachimanzanドメインを新規に取得です。
よくよく調べると全国には相当数の「八幡山」がありそうです。
まだ御本家である宇佐八幡にもお参りしたことがありませんが、
うまくご縁がつながって「全国八幡山サミット」など開催されることを望みます。

これまでのホームページは篤信の方がボランティアで作成され、更新作業も一手に引き受けて下さいました。
ほんとうにありがとうございました。
今後は私住職が更新を担当します。
技術不足ですが、ご覧ください。
posted by kannon at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

平成28年新年護摩祈願奉修

来る平成28年新年護摩祈願を奉修致します。
奉修期間は1月1日〜1月3日となります。
ご祈願の心得として、まず世のために祈りましょう。
次に皆のために祈りましょう。
そしてわが身のために至心に祈りましょう。
この順番が大切です。われ先であってはなりません。
八幡山観音寺では霊験あらたかなる不動明王の宝前にてお護摩祈祷をもってその成就を願います。
こころざしある方はどなたでも参加いただけます。
こころよりご参拝をお待ち申し上げます。

日時 1月1日 午前零時  午後2時 からの2回
   1月2日 午後2時 からの1回
   1月3日 午後2時 からの1回
   お勤めの所要時間は法話を含め1時間ほどになります

授与品 お護摩札・お供物

詳しくはこちらを→http://www.k4.dion.ne.jp/~kannonji/invoke.html

posted by kannon at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。